無料ではじめる
MENU

motolistのすべての機能を無料で30日間お試しいただけます。

よくある質問

FAQ

Q. 取引先アカウント料金の支払いについて教えてください。

取引先アカウント料金は、前月の取引先アカウントの最大所有数に、
プランごとの取引先アカウント料金を掛けたものを、毎月1日に請求いたします。
※11件目以降の取引先アカウントが支払い対象となります。
例)12アカウント所有していた場合は、12−10=2アカウント分の請求が行われます。

アカウントを発行される際の注意点

前月のアカウントの最大所有数をもとに、請求金額を決定していますので、
取引先アカウントを発行される際に、不要なアカウントがありましたら、
先にそちらの削除をしてから、発行を行ってください

月払いの場合

初回の請求日は、本登録をした月の翌月の1日となります。
毎月1日に、取引先アカウントの最大所有数は、
その時点で所有している取引先アカウント数に変更されます。

取引先アカウントを増やした場合の請求例

  • 4月1日
    • 取引先アカウント数:10件
    • 最大所有数:10
  • 4月15日
    • 10アカウントから12アカウントに変更
    • 最大所有数:12
  • 4月20日
    • 12アカウントから20アカウントに変更
    • 最大所有数:20
  • 4月25日
    • 20アカウントから15アカウントに変更
    • 最大所有数:20
  • 5月1日
    • 10アカウント分(20アカウント―10アカウント)の料金を請求
      • 請求金額(スタンダードプランの場合)
        • 300円×10=3,000円
      • ※1日の時点では、所有数は15アカウントですが、
        前月の最大所有数は20なので、それをもとに料金が計算されています。
    • 最大所有数、15に変更

取引先アカウントを減らした場合の請求例

  • 5月1日
    • 取引先アカウント数:15件
    • 最大所有数:15
  • 5月15日
    • 15アカウントから13アカウントに変更
    • 最大所有数:15
  • 6月1日
    • 5アカウント分(15アカウント―10アカウント)の料金を請求
      • 請求金額(スタンダードプランの場合)
        • 300円×5=1,500円
    • 最大所有数、13に変更
  • 7月1日
    • 3アカウント分(13アカウント―10アカウント)の料金を請求
    • 最大所有数:13

年払いの場合

アカウントを増やした場合は、アカウントを増やした翌月1日に、
(契約更新日までの残り月数)×増加分のアカウント数を、請求いたします。

アカウントを減らした場合の、取引先アカウント料金の返金は行なっておりません。

毎年の契約開始日に、取引先アカウントの最大所有数は、
その時点で所有している取引先アカウント数に変更されます。

請求例

  • 4月2日
    • スタンダードプランで契約開始
      ※契約終了日は翌年の4月30日とする
    • 取引先アカウント数:10
      • ※10アカウントなので、請求は発生しない。
        11アカウント以降で請求が発生する。
  • 4月10日
    • 取引先アカウント数
      • 10から12へ増加
    • 最大所有数:12
  • 5月1日
    • 取引先アカウント料金請求
      • 請求金額:12ヶ月×(300円×2アカウント)=7,200円
    • 最大所有数:12
  • 5月15日
    • 取引先アカウント数
      • 12から14へ増加
    • 最大所有数:14
  • 6月1日
    • 取引先アカウント料金請求
      • 請求金額:11ヶ月×(300円×2アカウント)=6,600円
    • 最大所有数:14
  • 6月20日
    • 取引先アカウント数
      • 14から12へ減少
    • 取引先アカウント数:12
    • 最大所有数:14
  • 7月1日
    • 取引先アカウント料金請求
      • 最大所有数は増加していないので、請求はなし
    • 取引先アカウント数:12
    • 最大所有数:14
  • 以降、翌年5月1日までアカウント数変更なし
  • 翌年5月1日
    • 取引先アカウント料金請求
      • この時点の取引先アカウント数を元に請求を行う。
      • 請求金額:12ヶ月×(300円×2アカウント)=7,200円
    • 取引先アカウント数:12
    • 最大所有数:12

※上記で、もし8月10日に20アカウントに増やした場合は、
最大所有数からの差分の6(=20−14)アカウント分を翌月1日に請求します。

トライアル期間中に、アカウント数が10を超えていた場合

トライアル期間中分の取引先アカウント料金は発生いたしません。

  • 3月3日
    • トライアル開始
  • 3月10日
    • スタンダードプランへ申し込み
  • 3月12日
    • 取引先アカウント数
      • 10から20に増やす
  • 4月2日
    • トライアル終了
    • 翌日0時に、年額の基本料金請求
      ※アカウント料金の請求はなし
  • 5月1日
    • 取引先アカウント料金請求
      • 300円×12ヶ月×10(=20−10)アカウント分

 

お知らせNEWS

motolistが目指す先

伝えたい情報を一元管理
すばやく正しい情報を共有

働き方改革が叫ばれている現代で、
Excelデータや写真転送サービスを使って、
いくつもの取引先に、商品の情報を個別に伝えるのは効率的ではありません。

クラウド上で自社の取扱商品情報を管理する「motolist(基リスト)」があれば、
商品情報管理(Product information management)が効率化し、
本来集中すべき業務に集中できる環境を手に入れることができます。

商品を仕入れる立場の
取引先企業様へ

motolistを利用することで、仕入れ元の商品情報を、より詳しく理解することができます。
商品知識が高まることで、今以上に販売がしやすくなるはずです。
仕入れ元のメーカー様、問屋様に是非、motolistをお知らせしてください。

クリップボードにコピーしました

機能追加などの
最新情報を発信中

SNS

Motolist
Tweets by iii_motolist