ロゴ

「アイテムの一括アップロード機能」について説明します。
この機能を使うことで、アイテムの一括登録や一括編集ができ、
管理画面から一つずつアイテムを登録または編集する手間を省くことができます。

一括アップロードまでの主な流れ

  1. motolistに登録されているアイテムデータをダウンロードする
  2. アイテムデータの中に、各アイテムの情報が入力された【CSVデータ】と
    【アイテムに登録済みのファイル】があるので、それらを編集する
  3. 編集したCSVデータとアイテムのファイルを圧縮して、アップロードする
    (※CSVファイルだけアップロードすることもできます)

詳しい手順は下記をご覧ください。

一括アップロードの方法

  1. 【 管理ページ 】の[サイドメニュー]から「一括アップロード」を押す

    「アイテム一括アップロード」ページを開きます。
    【 管理ページ 】の[サイドメニュー]から「一括アップロード」を押す

  2. アイテムデータのダウンロード
    一括アップロードをする際は、まず、
    motolistに登録されているアイテムデータをダウンロードします。
     
    ダウンロードには、2種類の方法があります。
    1. 全アイテムデータのダウンロード
    2. CSVファイルだけダウンロード

    「全アイテムデータのダウンロード」では、アイテムのファイルデータと
    CSVファイルがzip形式でダウンロードされます。
    「CSVファイルだけダウンロード」では、ファイルデータはダウンロードされずに、
    CSVファイルのみがダウンロードされます。
    アイテムのテキスト情報だけ編集したい場合はこちらをご利用下さい。

     

  3. ダウンロードしたzipファイルを解凍

    ダウンロードしたzipファイルを解凍してください。

    解凍されたフォルダの中に、各アイテムの情報が記入された「motolist_upload.csv」という
    【CSVデータ】
    と、「item_data」というフォルダの中に【アイテムに登録済みのファイル】が入っています。

    ※CSVファイルのみのダウンロードをした場合は、item_dataフォルダの中は空になっています。

    解凍の注意点

    zipファイルを解凍される際に、下記の条件で解凍を行うと、
    CSVファイルが文字化けが生じることが確認されています。

    解凍ソフトの利用

    下記の解凍ソフトで、解凍を行いますと、文字化けを生じる可能性がございます。

    • Lhaplus
    • Lhasa

    解凍ソフトをご利用になる場合は、下記のソフトをご利用下さい。
    ※すべて無料です。

    • CubeICE
    • 7-zip

    Windows7で標準の解凍機能を利用した場合

    Windows7で標準の解凍機能を利用した際に、
    文字化けを生じる可能性がございます。もし文字化けが起きた場合は、
    上記の解凍ソフトをご利用下さい。

  4. CSVデータの編集

    motolist_upload.csvを開いてください。
    開くと行ごとに、アイテムの情報が登録されています。

    CSVファイルを開く方法について

    CSVファイルをExcelで開くと、
    JANコードなどの数字で桁数の長い値が正しく表示されません。
    Excelで編集したものをアップロードしてしまうと、
    JANコードの表記が変わってしまいますので、
    ExcelではCSVファイルを編集しないようにして下さい。

    CSVファイルを開く際は、下記のいずれかの方法で
    開くようにしてください。

    LibreOfficeを利用

    LibreOfficeは、無料でオフィスソフトを開くことができるソフトです。

    LibreOfficeのインストール

    下記URLからインストーラーをダウンロードして下さい。

    https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-stable/

    ダウンロードしたインストーラーを実行して、インストールをして下さい。

    LibreOfficeでCSVファイルを開く

    LibreOfficeのインストールが完了しましたら、
    CSVファイルを右クリックして、開くアプリケーションから「LibreOffice」を選択してください。

    右クリックで開きますと、ダイアログが表示されますので、そのまま「OK」を押して下さい。
    「OK」押しますと、CSVファイルが開かれます。
    ※Character set(文字コード)を「Shift-JIS」以外にしますと、文字化けする可能性があります。

    保存の方法

    編集が終わった後は、下記コマンドでCSVファイルを保存してください。

    • Windows
      • controlキー+s
    • Mac
      • commandキー+s

    Google スプレッドシートを利用

    GoogleスプレッドシートでCSVファイルを開く方法です。
    ※Googleスプレッドシートを利用するには、Googleアカウントの登録が必要です。

    空のスプレッドシートを用意する

    1. Googleにアカウントにログインして下さい。
    2. Googleスプレッドシート(https://docs.google.com/spreadsheets/)を開いて、
      新しい空のスプレッドシートを作成して下さい。

    CSVを開く

    1. 上部のメニューの「ファイル」から「開く…」をクリックして下さい。
    2. ダイアログが表示されますので、その中の「アップロード」タブを押して下さい。
    3. 「アップロード」タブからCSVファイルをアップロードして下さい。
    4. アップロードが完了しますと、CSVファイルが開かれます。

    CSVを編集&保存

    Googleスプレッドシートでは、編集を行うと自動が保存が行われますので、
    保存する必要はありません。

    編集したものをCSV形式でダウンロードする

    上部のメニューの「ファイル」から「形式を指定してダウンロード」を押して下さい。
    その中に「カンマ区切りの値」というメニューがあるので、そちらをクリックして下さい。
    クリックしますと、編集したCSVファイルがダウンロードされます。

    最初にダウンロードしたmotolist_upload.csvファイルは削除して、
    GoogleスプレッドシートからダウンロードしたCSVをmotolist_upload.csvという名前で、
    フォルダの中において下さい。

    ※GoogleスプレッドシートからダウンロードしたCSVは、
    名前が「motolist_upload.csv」となっていないので、ダウンロードした際は、
    必ずCSVファイル名を「motolist_upload.csv」 に変更して下さい。

    基本操作

    編集時の注意点

    1行目はアップロード時に必要な行なので、編集しないでください。
    編集するとアップロードができなくなる場合があります。
    2行目から6行目はコメント行になりますので、こちらも編集しないようにしてください。

    アイテムの新規追加

    新しいアイテムを追加したいときは、1列目は何も入力せずに、
    ブランド、カテゴリ、JANコードなどのアイテムの情報を入力してください。
    アイテムの新規追加

    注意点

    新規でアイテムを追加する際は、情報が入力されている一番最後の行の次の行に追加してください。
    行をあけてアイテムを登録すると、空のアイテムが登録されてしまいますので、ご注意ください。

    空のアイテムを登録してしまった場合は、管理画面から削除をしてください。
    残したままにしておきますと、次回のアイテムデータをダウンロードする際に不具合が生じる可能性があります。

    登録されているアイテムの編集

    登録されているアイテムを編集する際は、1列目のアイテムIDを変更しないようにしてください。
    変更すると編集内容が正しく反映されません。
    登録されているアイテムの編集

    アイテムの公開設定について

    公開先の列を空白にした場合は、アイテムは非公開の状態で登録されます。
    公開先を指定した場合は、アイテムはその日時に公開されます。
    公開先を複数指定する場合は、下記のようにカンマ(,)で区切りながら指定してください。

    公開先
    ABCスーパー,ABCマーケット

    アイテムの公開設定について

    公開期限の日時指定方法

    日付のところは半角ハイフン(-)、時間のところは半角コロン(:)を指定してください。
    日付と時間の間は半角スペースを入れてください。
    例)2018年4月10日の午後1時
    2018-04-10 13:00:00

    月や日の1桁目は指定しなくても問題ありません。
    例)2018-4-1 13:00:00
    また、時間の指定も省略することもできます。
    省略した場合は、00:00:00で登録されます。

    公開期限の日時指定方法

    アイテムの削除について

    アイテムの削除は、一括アップロードから行うことはできません。
    削除をする際は、管理ページのアイテム一覧から削除してください。

    アイテムにファイルを指定する

    アイテムのメイン画像や関連ファイル、カスタム項目などのセルにファイルを指定する場合は、
    下記の手順で指定を行ってください。

    1. ファイルを用意する
    2. 「item_data」フォルダの中にファイルを追加する
      ※このフォルダにファイルを入れてないと、アップロードができません。
    3. ファイルを指定したいセルに、ファイル名を入力してください。
      画像なら.jpgや.png、動画なら.mp4などファイルごとに指定されている、拡張子も一緒に入力してください。
      例)まな板.jpgファイルをメイン画像に指定したい場合

      メイン画像
      まな板.jpg

    アイテムにファイルを指定する

    motolistにすでに登録されているファイル名を指定した場合

    motolist上にすでにアップロードされているファイルと同じ名前でアップロードした場合は、
    過去のファイルは上書きされて、アップロードが完了します。

    関連ファイルを複数指定したい場合

    関連ファイルのセルで、カンマ区切りでファイル名を指定してください。

    関連ファイル
    チラシ.jpg,パンフレット.jpg,プロモーションビデオ.mp4

    関連ファイルで複数指定する場合は、
    関連ファイルの説明文と公開期限のセルにも情報を指定してください。

    指定しないと、正しくアップロードできません。

    関連ファイル 関連ファイル-説明文 関連ファイル-公開期限
    チラシ.jpg,パンフレット.jpg,PV.mp4 チラシです。,パンフレットです。,PVです。  2018-04-01 00:00:00,2018-05-01 00:00:00,2018-06-01 00:00:00

    情報を追加する必要がない場合は、カンマ(,)だけを入力してください。

    関連ファイル 関連ファイル-説明文 関連ファイル-公開期限
    チラシ.jpg,パンフレット.jpg,PV.mp4 ,,  ,,

    関連ファイルを複数指定したい場合

    編集が終わりましたら、CSVデータを保存してください。

  5. 編集したデータをzip形式で圧縮

    編集したCSVデータとitem_dataフォルダが、入っているフォルダを圧縮してzipファイルにしてください。

  6. 圧縮したzipファイルをアップロード

    「アイテム一括アップロード」ページを開いて、
    「アイテム一括アップロード」からzipファイルをアップロードしてください。
    圧縮したzipファイルをアップロード

    アップロードが正しく完了した場合

    「zipファイルによる一括アップロード処理が完了しました。」という文章が表示されます。
    アイテム一覧ページを開いて、アイテムが正しくアップロードされているか確認してください。

    エラーが出た場合

    「指定された〜が登録されていない」と表示された場合

    登録されていないアイテム情報が、CSVデータに入力されている可能性があります。
    CSVデータを見て、登録していない情報がないか確認してください。
    例)アイテムのカテゴリに登録されていないカテゴリ「調理器具」が入力されていた時

    この場合、カテゴリの情報は指定されずに、アイテムのアップロードは行われます。

    「指定された公開日時(公開期限)が正しい日時表記でない」
    と表示された場合

    公開日時や公開期限に入力されている日時の表記が正しくないと表示されます。
    日時を指定する際は、日付のところは半角ハイフン(-)、時間のところは半角コロン(:)を指定してください。日付と時間の間は半角スペースを入れてください。

    また、公開日時や公開期限のセルに何も入力をしないと、「期限なし」として設定がされますが、
    その場合でも、上記のアラートが表示されます。
    アラートは表示されますが、「期限なし」で登録が行われています。

    「データベースへの登録処理中に問題が発生したため、処理を中止しました 」と表示された場合

    関連ファイルの指定方法が違う可能性があります。
    関連ファイルを複数指定している場合は、関連ファイルの説明文と公開期限も必ず一緒に設定をしてください。

アイテム情報を変更した場合

管理画面からブランド、カテゴリ、カスタム項目などのアイテム情報を追加・編集した場合は、
以前にダウンロードしたアイテムデータは使用せずに、
「アイテムデータのダウンロード」からzipファイルを再度ダウンロードして、
最新のアイテムデータのファイルを取得してください。

アイテム情報が変更されていると、正しくアップロードができない場合がありますので、
変更をされた後に一括アップロードを行う際は、最新のアイテムデータをダウンロードしてください。

コメントを書く

下記項目すべて入力のうえ、コメントしてください。

関連記事

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status